フランキンセンス
古代から宗教儀式に欠かせない樹脂で宝石と同じほど効果なものでした。
フランキンセンスはキリスト誕生のエピソードにも登場します。
東方の三賢人がイエスの誕生した厩を訪ね、フランキンセンス(乳香にゅうこう)、ミルラ(没薬もつやく)を黄金と共に捧げたのだとか。

紀元前3000年頃、エジプトの神殿ではフランキンセンス、ミルラをお香のように焚いていたといいます。
場を浄化するのにふさわしい香りとして使用されていたのですね。

神聖な香りを味わっていると、自然に呼吸が深まっていることに気づきます。
深くゆったりした呼吸には交感神経を整える効果があり、身体の免疫機能が穏やかに回復していきます。

フランキンセンスエッセンシャルオイルがお手元に届いたら…
ヨガなど、場を整えたい時に、ディフューザーで香りを広げてみてはいかがでしょう。

フランキンセンスの香りは柑橘系との相性も良いので
神聖で落ち着いた香りに、元気が湧いてくるような香りをブレンドしてみても良いかもしれません。

バスタイムにエッセンシャルオイルを楽しみたい方には

全身浴、半身浴、バスソルトとしての利用もおすすめです。
全身浴は1~5滴。みぞおちまでつかる半身浴法には1~3滴のエッセンシャルオイルをご利用ください。
※半身浴ではカラダが冷えないように肩にバスタオルをかけてください。

沐浴の温度について

フランキンセンスの利用法:穏やかな自然の力を借りた石鹸、フェイシャルスチーム、ハンドクリームもおすすめです。

注)エッセンシャルオイルは雑貨です。医薬品、化粧品ではありません。ボタニカルリンクでは薬事法を順守したレシピを掲載しています。クラフト、ハンドメイドのレシピは自己責任でお選びいただき、詳しい効果効能はテキストなどをご参考ください。
=================================
フランキンセンスのハンドクリーム 
=================================
シアバターを加えるとよりしっとりと仕上がります。
乾燥しやすい季節におすすめのハンドクリームです。

【材料】

エッセンシャルオイル 6滴(濃度1%以内
キャリアオイル 30ml (ホホバオイル、スィートアーモンドオイルなど)
ミツロウ 6g

湯せんできるビーカーと鍋
ガラス棒
遮光クリーム容器

【作り方】

1)キャリアオイルとミツロウをビーカーに入れ湯せんにかけ、ガラス棒でかきまぜながら溶かします。
2)溶けたら火を止め、遮光容器に流し込みます。
3)ガラス棒でかきませながら冷まし、エッセンシャルオイルを加えてさらに混ぜます。
4)固まるまでそっと置いておきます。
作成した配合、日付を容器に記載し、期限内に使用しましょう。

【保管】

直射日光を避け冷暗所に保管

短期間であっても直射日光はかならず避けて下さい。

【期限】

1か月程を目安にお使いください。

→ご利用上の注意

エッセンシャルオイルはこちらから↓
懐かしく甘い香り ローズウッド
気持ちも明るくなる ベルガモット
優しい眠りに誘われる ラベンダー
太陽に包まれるスィートオレンジ
集中力を高めたい日の ローズマリー
甘くすっきり歯医者さんのような香り ペパーミント
穏やかに心が高揚する フランキンセンス
草木を感じるすっきり ユーカリ
樹木系 ティートゥリー

天然アロマ・暮らしを彩る雑貨ボタニカルリンク