エッセンシャルオイルを扱う際の注意

エッセンシャルオイルは自然に咲いている花の状態と比べるとかなり濃縮された状態で瓶にはいっています。このため精油を暮らしに取り入れるにはいくつか大切な注意事項があります。

原液のまま直接肌に塗らないでください。もし誤ってついてしまったら大量の水で洗い流してください。
決して口にしないでください。海外で専門家の指示によって飲用するケースがありますが、ご自身の判断では決して口にしないでください。また目に入らないように気を付けてください

保管場所ですが、エッセンシャルオイルは湿度、空気、紫外線によって変化が早まります。キッチンやバスルームに保管するのは避けましょう。キャップをしっかりとしめて冷暗所に保管するようにしてください。断熱材で光を通しにくい専用の木箱がおすすめです。

お子様、ペット、高齢の方、妊婦、既往歴のある方は特に注意が必要です。手の届かない場所に保管して、誤って手に取ることのないよう十分に気をつけてください。

3歳未満の乳幼児がいらっしゃるご家庭では芳香浴法以外は行わないでください。
3歳以上のお子様がいらっしゃるご家庭では成人の1/10程度の量から使い始め、多くても成人の1/2までの量を限度としてご使用ください。

敏感な体質の方は香りに反応しやすいこともあります。不快感を感じたらすぐに使用を中止してください。

高齢の方、既往歴のあるかた、まずは半分以下の量で試し、不快感を感じたらすぐに使用を中止してください。

妊娠時は香りに特に敏感です。心地よく感じるようであれば芳香浴をお楽しみいただけますが、十分に気を付けてご利用ください。

エッセンシャルオイルにはプラスの作用も多くありますが、マイナス作用もあります。ご利用にあたっては理解した上で心地よく生活に取り入れてみてください。

ベルガモット、レモン、グレープフルーツといった柑橘系のエッセンシャルオイルにはベルガプテンという成分が含まれます。
日光などの強い紫外線と反応し皮膚に炎症を起こす成分です。外出前、外出中のご使用はご注意ください。

エッセンシャルオイルが皮膚、粘膜を刺激し、かぶれや荒れの原因となることもあります。直接肌に塗らないように十分ご注意ください。使用方法を守って安全にご利用ください。

体質によってエッセンシャルオイルの特定の成分の一部に体内で過剰に免疫が働き、アレルギー反応がでることがあります。(感作といいます。)自分には合わない、と感じたらすぐに使用を中止しましょう。

 

少し長くなりましたが、「直接肌に塗らない、保管場所に注意する。使用方法、量を守る。わからない場合は主治医に相談してから利用する。」ことを頭に置き、エッセンシャルオイルを暮らしに取り入れてみてくださいね。